三月類がドミニオンするんじゃないかな

ボードゲームのドミニオンについて真面目に適当に語る可能性

きょうのサプライ5月3日

f:id:sir_martin:20190503124048j:plain

きょうのサプライとは


毎日正午にサプライの画像が投稿されるBotです。 

サプライ画像

f:id:sir_martin:20190503124104p:plain
f:id:sir_martin:20190503124120p:plain



注目ポイント

  • 橋の下のトロルが並べられる
  • 城塞

予想される展開

橋の下のトロルを並べて一気に勝利点を取る。
通常相手もトロルを取るのでそう簡単に属州のコストを0にすることはできないが、今回に限っては属州のコストを2にして農地を購入し手札の城塞を廃棄し続けることで実質属州のコスト0がトロル6枚で実現できる

よってトロルを6枚とるのが目標。
遅くとも15Tまでに属州が切れるだろう。

トロルが5枚に分かれた場合、上記の属州獲得はできないため、3山切れで終了すると思われる。
枯れるカードはトロル、公領、市場or城塞となる。

初手

4-3の場合 倒壊-邪悪な策略
5-2の場合 地下墓所-倒壊

獲得優先度

農地(実質属州)
属州
公領(トロルを5枚で分けたとき、)
屋敷(属州が1枚以下ならば、これを買う前にゲームは終わる)
橋の下のトロル(6枚以上)
地下墓所(1~2枚まで)
市場(3山が切れない程度に)
根城(倒壊と合わせて3枚まで)
城塞(必要な枚数だけ。3枚もあれば十分なはず)
倒壊(根城と合わせて3枚まで)
銀貨(ミラーなら3枚、そうでなければ2枚)

購入順番(参考)

邪悪な策略
倒壊
根城
銀貨
トロル
倒壊
銀貨
トロル
城塞
地下墓所銀貨
トロル2城塞
トロル2
地下墓所2城塞3
農地7属州7

銀貨は重要

f:id:sir_martin:20190504001035j:plain
橋の下のトロルのアタックが重く、コストを下げられても思うように購入が進まないので、いくら最終的にお金がいらないにしても構築中にはお金が必須です。
特に銀貨の枚数で負けているとそのまま負けも決まるくらい重要です。

このゲームに限っては銀貨は呪いではありません。買える機会があれば買いましょう。
でも3枚までで十分です。

邪悪な策略のドロータイミングについて

f:id:sir_martin:20190430212856j:plain
邪悪な策略でドローしたいのは圧縮カードが沈んだり、引けば5金が出せそうだったり、城塞と地下墓所が揃いそうだったり、いろんな状況がありますが、根幹としては無駄なターンを作らないように使っていく必要があります。
あまりため込む必要はなく、3ドローくらいで十分です。

ドローが安定しないなら勝利点を買うタイミングでドローしたいため、逆算すれば13~14Tで3ドローができるよう9~10Tまでにドロー、さらに遡れば5~6Tでドローすることになると思われます。これは状況に応じて判断するしかありませんが。

詳細な流れ

初手

初手は倒壊-邪悪な策略で確定。根城でもいいように思えるかもしれないが、2週目で根城を使ったときに屋敷1枚銅貨4枚の手札だったとき弱すぎる(2週目で邪悪な策略を買えない)ため、初手は邪悪な策略しかない。
もちろん3-4より4-3のほうが有利だが、特別大きな差でもない。相手だけ4-3でも気落ちする必要はない。
5-2であれば最も回転が速い地下墓所-倒壊。

2周目

根城を買いたいが絶対ではない。それより重要なのは倒壊で屋敷が廃棄できるかどうか。倒壊で屋敷を廃棄できない、2金しか出ない手札なら躊躇なく邪悪な策略でドローする。シャッフルが入っても構わない。

初手地下墓所の場合、邪悪な策略は絶対買いたいところ。3ターン目に地下墓所を引いていたら引いていたら、4金以上出る限り見たカードは捨てて回転を加速する。

5T~6T

根城は必ず銅貨を廃棄する。屋敷を廃棄しても圧縮にならないため。
橋の下のトロルは買いたいところ。この周回で買えない場合、2枚目の根城より銀貨を優先したほうが良い。

7T~8T

2枚目のトロルを購入する。2枚目の根城(倒壊)もこの周回が終わるまでに買いたい。
銀貨をついでに取れるとトロル6枚目を狙いやすくなるだろう。
地下墓所も手に入るなら取りたい。

9T~10T

地下墓所は絶対に入れ、トロルを2枚以上使用できているならトロルのまとめ買いをしていきたい。
合間を縫って城塞も入れて安定化させよう。

11T~12T

トロルを買う、引ききりに必要な城塞と地下墓所も買う。

勝利点を買う(13~14T)

トロルを6枚取れているならもうほぼ勝ったも同然。引き切って手札に城塞を残して農地を買えるだけ買いましょう。市場がなければ属州は7枚が限界ですが、属州7枚農地7枚を覆す手段はまずないので問題ない。

負けている側もあきらめてはいけない。3山切れを狙うチャンスはわずかにある。市場を集めて購入回数を稼ぎ、水道橋の点数を得ていることが前提だが、相手がコンボを決める前に終わらせることができる可能性がある。

トロルを5枚で分けた場合

水道橋の点をまず取る。
市場を集めて3山切れを能動的に起こせるよう立ち回りながら属州、公領、農地を買う。常に相手の最大購入回数を把握するのは必須だが、地下墓所の廃棄時効果も忘れてはいけない。城塞も3山切れ候補であるし、万が一騎士がサー・マーチンであれば……神の威光を身をもって体感することになるかもしれない。

その他カード

騎士

初手で買って相手のトロルをピンポイントで廃棄してくれるなら意味はあるが、たいていは城塞を廃棄して相手の手札を増やして終わる。
運に自信があるならナタリー、デストリー、シルビアは取ってもいいだろう。運に自信があるならであって勧めているわけではない。

遺物、予言者

買っている暇がない。予言者に至っては相手にドローさせるわいらない金貨を獲得させられるわ散々。

結論

  • トロルを並べられたほうが勝つ
  • トロルの枚数で負けても3山切れの可能性に賭けて最後まであきらめない

雑談


新たなドミニオン紹介漫画が公開されています。(いつまで紹介しようか?)
ドミニオン流行れ。




このブログを見ている人でもっていない人いるの?
紹介しているけどオンラインならこれに入っているカードは完全無料で使えるよ?